機能とデザインが一体化
リフトアシストジーンズ

車椅子の方の起立・移乗介助の際の
介護者の腰への負担を大幅に低減

LINE UP

介護者の腰痛負担を
大幅に軽減

自分の体重を後ろに傾ける力で相手を持ち上げる事ができます。

介護者の腰痛負担を
大幅に軽減

自分の体重を後ろに傾ける力で相手を持ち上げる事ができます。

着る側も使う側にも嬉しい

リフティのズボンタイプで、使い方も同じです。 見た目にはオシャレなジーンズでも、沢山の工夫を凝らしています。ゴムウエストで股上が深く、どんな体型の方にもおすすめです。臀部には体重を支えるために、丈夫な生地と強い縫製を、持ち手部分は引っかからないように、マイクロファイバーを使用した面ファスナーで普段はズボンにくっついています。


  • 膝ベルト「ピーヴォ」を使うと、
    より楽に移乗介助できます

    膝ベルト「ピーヴォ」を使うと、
    より楽に移乗介助できます

使い方 / 開発ストーリー

生活に溶け込むデザインと機能

ジーンズの横についた持ち手を掴みます。移動方法は、介護者は持ち手を引くだけ。
患者もハンモックに包まれた様に身体に負荷がかかりません。

詳しく見る

車移乗介助方法

その他の事例が載っています

  • プラスパッドジーンズとリフティから自然に生まれてきたのが移乗介助を楽にするリフトアシストジーンズでした。
    プラスパッドジーンズではストレッチ生地を用いて快適さを追求しましたが、リフティでは体重を支えるために丈夫な帆布やデニムを用いており二つは逆の生地を必要とします。
    この矛盾を解決するために、体重を支える臀部と持ち手は丈夫な伸びないデニム生地を用い、それ以外の部分は柔らかいストレッチデニム生地を用いることで解決しました。持ち手はジーンズの一部としてデザインのアクセントにもなっています。
    移乗介助具から装着という概念を完全に無くすことを可能にし、おしゃれと困りごとを解決する代表的な商品となっています。

閉じる

サイズ表(男女兼用)

サイズ ウエスト ヒップ 股下
SS 68-80 98 63
S 80-90 100 65
M 84-100 105 68
L 90-108 108 68
LL 95-113 114 69

・綿63%、ポリエステル35%、
ポリエチレン2%(臀部のみ綿100%)
・面ファスナー:ポリエステル